お墓を管理する
教会でのお葬式

霊園を買うよりかなり安く済みます

都内の納骨堂の費用は、安いところで30万円くらいからあります。納骨堂にかかわる費用は、寺院の格式や規模によってもかわってくるのです。また、納骨堂の種類によっても違うのです。納骨堂は、ロッカー型や棚型や、仏壇のようになっているものもあります。また、高いものだと、通常のお墓が部屋の中に入るようなタイプもあります。このようなタイプは400万円程度するのです。 永代供養つきで、管理費など混みで、一人分が50万円程度が相場です。また、場所によったら、管理費などは、別途年間費用が5000円から10000円程度かかるところもあります。 安いところだと、抽選で決めるところもありかなり人気となっています。いずれにしても、霊園でお墓をたてる費用よりは、安くできるのが魅力です。

納骨堂の特徴について

現在、少子高齢化により、こどもがいないなど、お墓を継ぐような後継者がいない家庭も多くなっています。そんな時代の背景をみても、納骨堂の需要は高いのです。また、時代をみても、誰もが立派なお墓や、立派でなくても普通のお墓でも、もてるというわけではありません。お墓をたてるのには、霊園などを購入し、墓石なども必要なのです。そして、法要のたびに、お金もかかるのです。 その点、納骨堂ははじめに決められた金額だけでいいのがメリットなのです。別途かかるとしても、年会費や管理費程度で済むのです。高齢になって、お墓の掃除に行く必要もないのも特徴です。また、交通のアクセスがいいところにあるので、買い物がてらや、散歩がてらに気軽に立ち寄れるのも人気の理由です。